美白化粧品では、消せるシミと消せないシミがあります!

美白化粧品の効果的な使い方

美白化粧品の選び方

美白化粧品は薬事法で、化粧品と医薬品の中間のものとして定義された医薬部外品です。

美白化粧品は薬ではないため、はっつきりとした効果を約束するものではありません。

でも、美白化粧品は厚生労働省より指定された有効成が入っているので、まったく効果がないわけではありません。

初期段階のモヤモヤした境目のよくわからないシミや、まだ茶色っぽいシミなら美白化粧品でとれやすいシミです。

シミが気になった時だけに美白化粧品を使うのではなく予防的に使うものと考えて下さい。

美白化粧品には紫外線などによるシミ・ソバカスを防ぐための美白成分が配合されています。

シミを作らないための成分

カミツレエキス
カミツレ(甘草)の花から抽出したエキス。
アルブチン
コケモモなどの植物の葉に含まれる成分。 油溶性甘草エキス(グラブリジン)
甘草の根などから抽出したエキス、主成分はグラブリジン。
美容成分の中では刺激が少なく肌に優しい。
ビタミンC
酸化型メラニンを還元する働きがあります。
プラセンタエキス
メラニンの生成を抑制し、保湿作用もあります。

このような成分を含む美白用の美容液を毎晩のお手入れにとりいれることで美白予防になります。

また次のような美白成分を組み合わせることでより効果的に。

メラニン色素を排出を促す成分

AHA
グリコール酸・乳酸・フルーツ酸などのピーリング剤がこれにあたる
レチノール
ビタミンAの一種で皮膚の代謝を高め、真皮のコラーゲンを増やす作用もある。

抗酸化作用のある成分は、美白対策だけでなく肌の老化対策にも効果があります。

抗酸化作用で紫外線障害を抑制する成分

ビタミンC誘導体
ビタミンCを吸収しやすくしたもの、抗酸化作用でシミ・そばかす予防に効果。
ビタミンE
ビタミンCといっしょにとることで効果を高めあう。
補酸素Q10(コエンザイムQ10)
とても強い抗酸化物質で「細胞の酸化」を防ぎます。
ポリフェノール
イチョウエキス、オウゴンエキス、緑茶エキスなどを含む成分。

美白化粧品は美白成分の特徴を知りご自身の肌や年齢に合わせて選ぶと良いでしょう。