肌の弱い人が一日使うだけでも肌トラブルになることがあります。

日焼け止め化粧品で
肌あれしない方法!

日焼け止め化粧品

すべての肌老化の原因となる紫外線。

これを防ぐのは美肌づくりの基本です。

そこで気になるのが、日焼け止め化粧品ですが、そんなに日に当たらないからと
ほとんど使わない人から、冬でも「焼けないに越したことはない・・・」と日焼け止め
クリームを毎日塗っている人まで、いろいろです。

どうしたら良いのかまず、日焼け止め化粧品のことをよく知りましょう。

SPFは、紫外線B波(UVB)をカットする力を示します。
何も塗らない状態と比べて、日焼けが始まるまでの時間を何倍に延ばすことができ
るかというめやすです。

SPF2とあれば、日焼けするまでの時間を2倍に延ばせるということです。

当然SPF値が高いものほど、日焼け止め効果は高いといえます。

ただし効果の高い日焼け止め化粧品は、毎日使うと、肌に負担がかかることがあります。

日焼け止め化粧品の成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類あります。

吸収剤は紫外線を吸収するもので、人によっては、肌あれの原因になります。

散乱剤は鏡のように紫外線を跳ね返すもので吸収剤に比べると、かぶれにくいですが
長く使うと肌が乾燥することがあります。

日常の紫外線対策で毎日使うならSPF20~30くらいで、吸収剤不使用(ノンケミカル)のものにします。

もう一つ日焼け止め化粧品に表示されているPAのことも知っておきましょう。

これは紫外線A波(UVA)の防止効果を表すもので、強い方から+++、++、+の3段階で
表示されています。

普段使いであればPA++と表示された日焼け止め化粧品でよいでしょう。

紫外線の強い夏の海や山ではSPF値やPA値が高く落ちにくい日焼け止め化粧品を
使う人が多いようですが、肌の弱い人は一日使うだけでも肌トラブルになることがあります。

肌の弱い人におすすめなのは、顔には普段使いなれている日焼け止め化粧品を厚く塗る
というやりかたです。

同じ日焼け止め化粧品でも、厚く塗ることで効果は高まりますし、この方がトラブルにな
りません。

とくに頬骨の高い部分はシミができやすいので2度3度と重ね塗りをしましょう。

なじんできたら、最後にパウダーファンデーションを重ねることで日焼け止め効果が
高まると同時に日焼け止め化粧品による白っぽさも隠せます。

汗をかいたら上のパウダーファンデーションだけ重ねます。