シワが気になりだしたら!表皮の水分量を上げるお手入れをしましょう。

シワが出来にくい、肌をつくるには?


小ジワが気に出したら

深いシワになる前に、早めの予防が効果的!

年齢を重ねるとできてくるシワ。

老化や紫外線などの影響を受けることで、シワは徐々に深くなり、増えていきます。

シワのできる原因は、老化や紫外線の影響で、表皮はやせてうすくなります。

水分量も不足するので乾燥した肌は乾いた果物のようにシワシワになります。

さらに真皮のコラーゲンが不足し弾力を失うと表情にあわせて動いた皮膚が元に戻らなくなるのでシワができてきます。

初期の小ジワ程度なら、お手入れ次第で消す事も可能ですが、放置して深く刻まれたシワは、お手入れではなかなか消せなくなります。

できてしまってからでは、消すのが難しいシワ。

それだけにシワは作らないようにすることが何よりですが、できてしまったシワは早めに対策をすることが大切です。

シワができないようにするには、どうしたら良いでしょうか。

第一に、に紫外線を直接肌に浴びないように気をつけることが大切です。

紫外線は1年中降り注いでいますから、季節に応じて、ファンデーションや日焼け止め化粧品、日傘やサングラスなどを使って防ぐようにしましょう。

第二に、表皮の水分量を上げるお手入れをしましょう。

毎日保湿のお手入れを抜かりなくおこない、年齢に応じて、保湿力の高い成分を取り入れっていくようにします。

たとえば、小ジワや目の下にできる、ちりめんジワなどは、肌表面の角質が乾燥してかたくなり、弾力を失うことがきっかけでできてきます。

こうしたシワに気づいたら、保湿力の高いセラミド入りの美容液やクリームなどを使うお手入れを、早めに取り入れましょう。