乾燥肌を防ぐには、肌に合わせた保湿能力を高める成分が含まれている保湿化粧品を選びましょう!

保湿化粧品の選び方で
乾燥肌は改善できる!

保湿化粧品

保湿化粧品には、肌に不足している保湿成分を補ってくれる働きがあります。

では実際、化粧品で保湿しようとおもう場合、どんな化粧品を使ったら良いのでしょう。

自然に肌の中にあって、肌の水分を守っているのは、角質細胞間脂質(セラミド)など、皮脂、天然保湿成分(NMF)の三因子です。

いちばん保湿力の高い成分はセラミドですが、使用感やバランスを考えて化粧品には様々な保湿成分が使われています。

保湿成分を確認して保湿力の違いで選ぶ

良く使われている保湿成分の種類

1水分をサンドイッチ状に挟み保持する成分

セラミド
角質細胞間脂質の4割を占めるのがセラミドです。
温度が下がっても水分を持続的に保つのが強い。

レシチン
大豆からとれる。
セラミドのように水分をサンドイッチ構造にする性質があり、セラミドより安価であるため、
最近化粧品によく使われています。

2水分含有力のある成分

ヒアルロン酸
真皮にあるゼリー状の物質。
約600倍の水を吸着するといわれている。

コラーゲン
真皮では弾力を保つのに働いているが、化粧品として表皮に塗った場合は保湿成分になる。
真皮までは吸収されない。

エラスチン
真皮の線維成分であるが、保湿力があるので化粧品に配合されている。

3吸湿力のある天然保湿成分(NMF)
アミノ酸
保湿力は強くないがサラッとして使用感がよいため化粧水によく使われています。

年代別にスキンケアを考える

10代は水分、油分はともに多いので洗顔後何もつけなくともだいじょうぶです。
でも個人差があるので乾燥肌が気になる方は化粧水ぐらいはつけましょう。

20代から30代では水分は減ってきますが、油分はそれほど減ってないので
30代までの方は乾燥してもセラミドやヒアルロン酸配合の美容液で
水分補給を中心にしたスキンケアをしていきます。

それでも乾燥するときだけ保湿クリームなどで油分を補いましょう。

40代になると水分、油分ともに減少してきますので保湿クリームで油分を
補うことが必要になっつてきます。

3大保湿成分「セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」を補う。コラージュビーケーエイジ(B.K.AGE)

▼詳細はこちら▼

コラージュB.K.AGE(ビーケーエイジ) トライアルセット
まずは7日間お試し★