洗顔後にしっとり感じるのは保湿効果ではなく、洗顔料に含まれる洗い残した油分?

メイク落としは肌あれの原因?

メイク落としは肌への負担が大きい

メイク落としは、油性の汚れであるメイクを落とすものです。
油性の汚れをまず油で浮かせ、さらに水で落としやすくするのがメイク落としのやくめです。

そのためメイク落としには、浮かせるための油分と、油と水を混ざりやすくする界面活性剤が入っています。

界面活性剤というと肌に悪いものと思ってしまいますがメイクをする以上は、それを使わないとおちないのです。

そのため、なるべく肌への負担が少ないメイク落としを選ぶことが重要です。

肌への負担を考えると、油分の量が多すぎず、少なからずのクリームタイプがおすすめです。

肌への負担が大きいメイク落としだけは敏感肌の方でなくとも敏感肌用を選んだほうが良いようです。

メイク落としを使うときには、量をケチらずに手早く使うことが大切です。

量が少ないと、肌をこすってしまったり、メイクを洗い残す可能性がたかくなります。

肌への摩擦はシミの原因になり、残ったメイクは油なので肌の上で酸化し肌の老化の原因になります。

メイク落としは、顔の中でも皮膚の強い部分Tゾーンからのせていきます。

メイクとなじませたら、次に頬などUゾーンにのばしメイクとなじませます。

最後に皮膚が薄くて弱い目元と口元にのばして、メイクとなじませてからぬるま湯で洗い流します。

メイクとなじませるときは、指の腹でやさしく肌をさするようにしましょう。

けして肌を、こすり過ぎないように注意します。

とくに頬骨のあたりは力が入りやすく、摩擦によるシミが出来やすいところなので、気をつけましょう。