洗顔後にしっとり感じるのは保湿効果ではなく、洗顔料に含まれる洗い残した油分?

洗顔料に保湿力を求めるのは間違い?

洗顔料の上手な選び方

洗った後にしっとり感のある洗顔料のほうが、肌の潤いを奪われず やさしい感じがするので多くの女性に好まれるようですが、 しっとり感を与えているのは、洗顔料に含まれた油分であり もともとの肌のうるおいとはちがいます。

人の肌にとって大切なうるおいのもとは水分ですので、 油分が残ってくれてもありがたくないのです。

洗い上がりに、さっぱり感のある洗顔料には油分はほとんど含まれていません しっとり感のある洗顔フォームには約30%の油分が含まれています。

むしろ固形石けんには5%程度しか含まれていないのでオススメかも知れません。

洗顔後に肌がっつぱると、「乾燥してシワになる」と、 多くの女性が思われているようですが、それは洗顔後すぐに 保湿すればよいことです。

洗顔料に保湿力を求める必要があるのでしょうか。

洗顔料はあくまでも汚れを落とすためのものなので しっかり汚れを落し、そのあと保湿化粧品で潤い補給
これがいちばん理にかなった考えかたです。

油分の多い洗顔料の問題点は、肌に油が残るために どの程度落ちているのかわかりずらくなることです。

洗顔のときには、汚れといっしょにセラミドなど肌の 天然うるおい成分も流れてしまいます。

その流出を最小限にとどめながら、洗顔を終わらせなくてはいけません。

ところが洗顔料に油が入っていると、指先に油の感触があるのでうるおっていると思い、のんびり洗っているうちに大切なうるおい成分を洗い落としています。