緑黄色野菜に含まれるベータカロチン(ビタミンA)抗酸化力が強く、肌荒れや肌老化を予防します。

肌荒れや肌老化を予防する!
食生活とは?


健康よりも、美容が大切?

”健康よりも、美容が大切”という人がいます。

本来は健康な体がなければ、肌は美しく輝きません
美味しくご飯を食べていますか?
ストレスを溜めていませんか?
美容にこだわりすぎてヘルシーな生活を送ることは現代社会ではかえってストレスになることもあります。

そこで、体にも肌にも良い生活を送るためにこれだけは必要ということを積極的に取り入れて行きましょう。

少しの努力で、体が健康になれば、肌もおのずとキレイになっていくはずです。

野菜も気をつけて摂っていますという方は多いと思いますが若い女性の場合、圧倒的にサラダで野菜を摂っています。

生で食べるのでビタミンの損失は少ないのですが、サラダに入っている野菜のほとんどがビタミン含有量の少ないものばかりです。

しかもサラダは体を冷やすので、冷え性の方は摂り過ぎに要注意です。

肌のことを考えるなら、一番大事なのはベータカロチン(ビタミンA)です。

抗酸化力が強く、肌荒れや肌老化を予防します。

これらを多く含むのは緑黄色野菜ですが残念ながらサラダにはあまり入ることはないですね。

市販のお惣菜というのもありますが、調理して時間がたっているものはビタミンが損失しています。

緑黄色野菜を効率よく取るためにはどうしても自分で調理することになります、茹でたり、蒸したりする温野菜なら手軽にできるのではないでしょうか。

どうしても時間の取れない方は、市販の冷凍野菜を利用されてはいかがですか、旬に収穫されたものを新鮮なうちに凍らせてあるので意外とビタミンの損失は少なくレンジでチンすればドレッシングをかけるぐらいで美味しくいただけます上手に利用されてはいかがですか。

緑黄色野菜はビタミンCも豊富です。

1日約100g摂取することが美肌のための目標です。

便秘がちなら食物繊維を摂り入れる

便秘が肌に悪い、とよくいわれますが、これは、イライラするといった精神状態からくるものだけではなく美肌にとって必要なビタミンB群の合成が悪くなるからといわれています。

便秘を解消するには規則正しい生活を続けることが大切です。

朝はできるだけ余裕をもって起き、必ず食事をとって、トイレに行ける時間をつくりましょう便を我慢することで便秘は悪化していくからです。

また、食事の中で食物繊維を多く摂ることが大切です。

そこで、オススメなのが、玄米です。

玄米には、ビタミンB群、鉄分、各種ミネラルの他に、水溶性と不溶性の食物繊維がバランス良く含まれています。

玄米だけでは、炊くのも大変だし、食べるのも苦手な人は白米と玄米を7対3にして、水を少し多めに入れると普通の炊飯器でも柔らかく食べやすくなります。